フリーターが将来幸せに暮らす方法

フリーターのままでは将来も幸せに暮らすことはできないでしょう。

しかし今フリーターでも行動次第では今後、十分幸せに暮らしていくことが可能です。

そこで今回はフリーターが将来幸せに暮らす方法についてお伝えします。

幸せとは

まず幸せの定義について決めておかなければなりません。

幸せの定義はお金でないことは確かです。

「世の中お金」とは言いますが、実際にお金を持っていても不幸な人はたくさんいます。

もちろんその逆もまた然りで、お金がなくても幸福を感じている人もいるでしょう。

では何が幸せか。

それは人によって異なるというのが結論です。

そういう意味でもフリーターでも幸せというなら、幸せなのでしょう。

フリーターは必ずしも不幸ではないけど

幸福は人によってまちまちです。

フリーターが必ずしも不幸とは言い切れないでしょう。

それでもフリーターの多くは不幸を感じがちだと言えます。

それは社会的に肩身がせまいからです。

一般的なサラリーマンに比べて、やはりフリーターの居場所は多くありません。

居場所が見つけられないフリーターに幸福を感じろという方が難しいでしょう。

幸福は相対的なもの

結局、幸福というものは相対的なものです。

確かに正社員と比較したらフリーターは幸せでないでしょう。

しかしホームレスと比べた場合はフリーターの方が幸せだと感じます。

ではその比較対象は一体どのように決まるのでしょうか。

それは文化やコミュニティです。

例えば中学の同窓会を想像してみましょう。

その同窓会というコミュニティを取り巻くのは日本という文化です。

日本の文化においては未だに正社員がマジョリティーであることは間違いありません。

ですから同窓会の周りを見渡しても、ほとんどが正社員であることでしょう。

その時唯一フリーターのあなたはきっと幸福を得られないはずです。

一方で、同窓会というコミュニティが9割のニートで占められていた場合、フリーターのあなたでも幸福を感じるでしょう。

このように、幸福というものは相対的に決定します。

そしてその比較対象は文化やコミュニティによりけりです。

フリーターが将来、幸せに暮らす方法

というわけでフリーターが将来幸せに暮らすなら、比較対象の中でも平均以上である必要があります。

平均以上という意味でもやはり正社員になるのがおすすめです。

なぜなら日本の社会人におけるマジョリティは正社員だからです。

半数以上が正社員の国でフリーターをやっていた場合、不幸を感じる場面もそれだけ多くなるでしょう。

フリーターがダメなのではありません。

正社員が多いのです。

だからこそ、将来幸せになるなら平均値に合わせて正社員を狙いましょう。

これぞ幸せになる秘訣です。

フリーターに将来性はない

フリーターだからと言って人生終了するわけではありません。

しかしこれだけは言えます。

フリーターのままでは将来性を見出すことは不可能だと。

将来性が欲しかったらフリーターでいるわけにはいきません。

フリーターに将来性がない理由

フリーターに将来性が見出せない理由はとてもシンプルで、絶対給料が上がらないからです。

一方で正社員には誰しも成し遂げるというわけではありませんが、昇給のチャンスがあります。

だからこそ、将来性を感じるのです。

すなわち、将来性というものは「チャンス」そのものがあるかないかにかかっています。

フリーターのままでは昇給するチャンスは皆無です。

あったとしても数年間働いて時給数十円のアップでしょう。

ですからせめて将来性を見込むならフリーターから正社員にはなっておきたいところです。

アルバイトから正社員登用は皆無

またアルバイトから正社員になれるのは非常に稀です。

ごく一部の優秀な人間だけが、正社員として登用されます。

ではなぜアルバイト求人に正社員登用アリというような記載をするのでしょうか。

「正社員登用アリ」と記載することで単純に人が集まりやすいからです。

ひどい話だとは思いますが、これまでもアルバイトから正社員登用されている人は0ではないので決して嘘ではありません。

いずれにせよアルバイトから正社員登用に期待することだけはやめておきましょう。

「今はアルバイトだけど頑張って正社員を目指しているんだ」といって結婚してくれるような人はいません。

それはアルバイトからの正社員登用が果てしなく難しいことがわかっているからです。

やはりフリーターに将来性はないと言えます。

将来の夢は叶わない人がほとんど

中には将来の夢を叶えるためにフリーターを選ぶ人もいます。

俳優やバンドでスターになることを夢見る人たちです。

いずれも将来性は見込めません。

なぜなら将来の夢は叶わない人の方がほとんどだからです。

多くの人が30歳を手前に夢打ち砕かれ、諦めてしまいます。

難しい話です。

就職が難しくなる30歳手前で諦めるのか、就職は捨てて人生すべてをかけるのか。

どちらを選択するにせよ、決して将来性があるとは言い難いでしょう。

もちろん、就職は捨てて人生すべてをかけられる人なら成功してもおかしくはありません。

ただし、世間がそのように考えることはほぼないでしょう。

それは世間に成功した人がいないのだから。

結局、将来性があるかないかは世間によって決められることです。

確かにフリーターに将来性はありません。

しかしこれはあくまでも世間の考え方。

この考え方に押し負けてしまうようであれば、フリーターをやめて就職することをおすすめします。

30代フリーターの末路は厳しい

フリーターの末路は必ずしも最悪の結末を迎えるとは限りません。

しかし、そう言ってられるのも20代まで。

30代になった瞬間にフリーターの末路は雲行きが怪しくなってきます。

その時には最悪の末路を想定しておかなければならないでしょう。

今回は30代フリーターの末路に関してお伝えします。

30代フリーターの末路が厳しい理由

まずは30代フリーターの末路が厳しくなる理由を説明しましょう。 

それは就職において需要がなくなるからです。

周りの30代正社員と比較してみてもその差は歴然と言えます。

30代というのは、企業側から即戦力が求められる年代です。

果たして30代フリーターが即戦力になり得るのでしょうか。

誰もわかりません。

多くの場合は未経験と変わらないでしょう。

だからこそ30代フリーターは採用されづらいのです。

これぞ30代フリーターの末路が厳しい訳となります。

フリーター就職サイトも20代を対象としている

30代フリーターの末路が厳しいのはフリーター就職サイトを見てもわかります。

このようなサイトでも対象は20代。

やはり30代の就職が厳しいことを暗に示しています。

なんといっても残念なのは、フリーター就職サイトが提供するような手厚いサポートを受けられなくなってしまうこと。

本音を言うと、就職が厳しい30代フリーターだからこそ、誰かのサポートが欲しいところです。

30代フリーターは派遣から始める

ではどうやって30代フリーターは就職するのかというと派遣からスタートさせるのが一般的です。

紹介予定派遣という仕組みもありますから、まだまだ就職が不可能というわけではありません。

それでも20代フリーターに比べて、派遣というワンクッションが必要になるのも事実です。

見方によっては派遣は手間でしょう。

それに紹介予定派遣を使ったとしても、正社員になれる保証はどこにもありません。

やはり30代フリーターの就職は前途多難のように思えます。

厳しい30代フリーターの末路を迎えないために

厳しい30代フリーターの末路を迎えないためにできることは、20代のうちに就職してしまうこと。

特に20代であればフリーター就職サイトが使えるので、それが非常に大きいです。

フリーター就職サイトのサポートがあれば、就職も決して難しくありません。

また同じ20代とはいえど、就職は若ければ若いほどいいので、早めの挑戦をおすすめします。

フリーターという未経験者だからこそ、若さだけを武器に就職するしかありませんから。

厳しい30代を迎える前に、就職してしまうことが明るい未来の始まりです。

フリーターが将来の夢を叶える方法

フリーターは将来の夢を叶えずに終わってしまうことの方が多いでしょう。

しかし、夢を叶えることは決して不可能ではありません。

連続起業家が事業を連続して成功させるように明らかにパターンがあります。

芸能人が副業で成功してした時、多くの人々はこう思うでしょう。

「多才でいいなあ」

違います。

決して多才なんかではありません。

彼らには自分なりにあるのです。

成功法則というものが。

そこで今回はフリーターが将来の夢を叶える方法についてお伝えします。

ちなみに私も自慢ではありませんが、フリーターから成り上がった人間です。

そんなわけで是非参考にしてみてください。

1万時間の法則

何か成し遂げたかったら簡単です。

そのことに1万時間費やしましょう。

仮に1日5時間費やしたとします。

フリーターをやりながらなので妥当な時間でしょう。

毎日5時間づつ継続したとしても10,000h÷5h/1日=2,000日です。

それを年間にしてみると、2,000日÷365日=約5.5年ということがわかります。

つまり何かを成し遂げたかったら6年近く毎日最低5時間はそのことに集中しないといけません。

これを簡単に思うか、難しく思うか。

それが成功への分かれ道です。

成功している人は1万時間なんて軽々と超えていきます。

だから成功するのです。

これを人呼んで1万時間の法則といいます。

成功したかったら、1万時間一つのことに費やしましょう。

消費するだけではダメ

確かに1万時間何かを消費することは大切です。

しかしそれだけでは絶対に成功しないでしょう。

なぜならアウトプットがないからです。

もし仮に1万時間タバコを吸っていたとしましょう。

それだけでは健康に悪いだけです。

しかし、タバコについて半分の5千時間でも情報発信をしていたら見事、愛煙家の誕生となります。

タバコに関して出版の声もかかるでしょう。

とにかく1万時間の中にはアウトプットも含まれるということを忘れてはなりません。

むしろアウトプットが全てと言っても過言ではないでしょう。

消費するだけの人間に成功は訪れません。

フリーターの将来の夢が叶わないわけ

フリーターの将来の夢が叶わないのは単純です。

優秀でないから。

優秀であれば今頃、フリーターなんかやっていないでしょう。

しかし優秀な人ほど保守的でチャレンジしないのも事実です。

だからこそ成功者は生まれにくくなっています。

ではなぜフリーターが優秀でないのかというと、それはすぐに諦めてしまうから。

そもそも諦めの悪い人はフリーターになんかなっていないでしょう。

フリーターに限ったことではありませんが、人は短期間でできることの方が評価しがちです。

本当は続けることの方がはるかに美しいのに、誰も真似をしようとしません。

それは楽して成功したい願望というものが誰にでもあるから。

楽して成功しようと思った時点で夢が叶わないのは目に見えています。

とにかくフリーターが将来の夢を叶えたかったら、長い目で見て日々積み重ねるしか他に方法はありません。

フリーターの末路は生活保護なわけがない

フリーターでも最悪、生活保護をもらえば何とかなるか。

という考え方がだいぶ増えてきたみたいです。

しかし、世の中そんな甘い物ではありません。

フリーターの将来が生活保護なわけないでしょう。

生活保護には受給資格がある

簡単に生活保護が受けられると思ったら大間違いです。

詳しくは割愛しますが、各種条件を満たさなければ生活保護は受けらません。

要点だけを言うと、お金を稼ぐ手段が他にないことを証明しないとならないのです。

すなわち、自分が働けないことを証明する必要があります。

働けない理由というのは主に病気か怪我です。

このどちらかを立証しないことには生活保護はまず受けられないと思った方がいいでしょう。

あえてもらわない人もたくさん

また生活保護を受けられるにもかかわらず、 あえて貰わないという選択肢をする人もいます。

そのいい例が、ホームレスです。

なんでもホームレスで生活保護を受けたことがあるのは3割にも満たないとのこと。

非常に少ない数字です。

ホームレスでさえも生活保護を受けないのに、フリーターがもらえるわけがありません。

フリーターの末路はホームレス

よってフリーターの最悪の末路として考えられるのはホームレスです。

順序は以下の通りです。

  1. もうフリーターとしても働けない
  2. 生活保護を受けてみるか
  3. 無理だった
  4. ホームレス

このようにフリーターが生活保護を受けられないからこそ、ホームレスに落ちていくのです。

最悪生活保護を受ければいっかという考えでも構いませんが、その考えはホームレスも隣り合わせだということを覚えておきましょう。

ちなみにホームレスが生活保護を受けたくない理由は自立支援センターや更生施設での集団生活が嫌だからです。

簡単に生活保護はもらえません。

生活保護をもらえばいいという謎の考え

私は「最悪生活保護をもらえばいい」という考えが謎で仕方ありません。

生活保護を受けて生活することが本当に楽なのでしょうか。

私はそう思いません。

それは絶対に正社員として普通に暮らす方が幸せに決まっているからです。

別に正社員になって豊かな暮らしを求めるわけではありません。

月〜金まで働いて、土日休んで遊んで、年収300万円でいいじゃないですか。

これでも十分幸せに暮らせます。

生活保護を受けてお金をもらったところで、幸福感を感じることはできません。

それは居場所がないからです。

だから行くところもなく、パチンコ屋で浪費するパターンが生まれてしまいます。

とにかくフリーターの末路として生活保護を考えるのは利口ではありません。

それ以外で楽に生きる道はたくさんあります。

ましてやホームレスになる確率のが高いのですから。